吹奏楽部2016旧部長感想 2017新部長抱負

部長の代替わり自体は10月に行っていたのですが、顧問Wの怠慢でご挨拶が遅れました。たまたま2人とも同じ楽器ですので、写真を掲載してみます。


【2016-2017 旧部長感想】
部長という人をまとめる立場に立って、その大変さを学ぶことができました
上手くいかないことも多く苦労しましたが、先輩方や同級生や後輩達、先生方に支えて戴き部を引っ張っていくことができました。
今年は近藤先生や楽器トレーナーの先生方のご指導の下、部全体の目標であったコンクール地区大会での銀賞という結果を残すことができました。コンクールで経験した練習の大変さ、達成感や喜びはなかなか味わえないものでいい思い出になりました。
これからは部員も増え、演奏させていただける機会もますます多くなるかと思いますが、後輩達には1回1回の本番を大切にして更に発展していって欲しいです。
(高二 倉橋未帆(ホルン)【左】)

【2017-2018 新部長抱負】
金蘭千里の50周年改革の一つとして設立されたこのクラブも、今年で4年目になりました。1年目は部員が少なく、ほとんど全員が楽器の初心者で合奏もままならなかったのですが、今では部員数は51人になり、校内行事や地域イベントにも多く出演させていただけるようになりました。また、昨年夏のコンクールでは、先輩方がクラブをまとめ引っぱって下さったおかげで地区大会で銀賞をいただくことができました。
しかし、その先輩方も3月の定期演奏会を最後に卒部されてしまいます。私たちが入部したときから一緒にクラブ活動に励んで下さった先輩がいなくなるのはとても悲しいですが、先輩方が作り上げて下さった伝統を後輩につなぐとともに、さらに皆様に楽しんで聴いていただけるようなバンドにしていきたいと思います。
これからも私たちは、夏のコンクール府大会出場を大きな目標にして練習に励んでいきますので応援よろしくお願いします。
また、高2生のラストステージともなる定期演奏会は3月24日(土)佐藤記念講堂で1500~開演となります。ご都合合いましたら是非お越し下さい。
(高一 滝口由季乃(ホルン)【右】)